花ちゃんのお勝手日記
かーちゃんこと先代女将から譲り受けたペンションぽいんせちあの“お勝手” での日々を勝手気ままに綴っています。

プロフィール

花

Author:花
信州の山の中でペンションを営む
二代目女将です。
夫(お~な~)と12歳の娘(凜)と、
のんびり山暮らしを楽しんでいます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


最強へのかっぱ伝説

かえるの日記



RSSフィード



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


待機中

春らしい陽気になってきて、枯れ草色だったゲレンデ跡もうっすら若草色に。
ポカポカしているし、GWのお客さまをお迎えするのに少しはお花が欲しいので
少しずつ作っている庭の花壇と窓の鉢受け用の花苗を植えました。
今年はブルーっぽい紫のペチュニアと白のメコノプシス、射し芽したアイビー。
赤やピンクの方が華やかかなぁと思いながら、やっぱり地味目になってしまいます。

090429-1.jpg

鉢受けには、プランターが12個納まります。必要な花苗は最低でも36個!
丈夫で見栄えが良くて、値段のはらないものが品種選びの必須条件。
宿根草で毎年、、、が理想ですが、私の技量ではここでの越冬は賭けのようなものなのです。
今のところ、種を採って翌年に蒔くのが目標です。
いいお天気だったので、オリヅルランの株分けや挿し芽用アイビーの植え付けもできました。
嬉しくなってすぐに並べたくなるのですが、もう何度も失敗しえいるので、、、
今日はぐっとガマンして、家の中で待機です。山の夜は急に冷え込むことがありますから。

090429-2.jpg

日当たりのいい我が家、しっかり根付くと一株がとても大きくこんもり窓を飾ってくれます。
秋までもたせるには、花殻摘みや切り戻しと手のかかる仕事ですが、
少し離れたところから家を見たときに、「ヨシ!」 と思えるように、、、そして
「写真でも撮ってみるかな」 と思えれば、なおヨシ!の夏のお仕事なのです。


スポンサーサイト

独活の食べ方

独活採り放題!食べ放題!のところに住んでいるのに、あまり得意ではないお~な~、、、
それでも懲りずに出し続けているので、少しオイシイと思うようになったらしい!
『酢味噌和え』とか『天婦羅を塩で』より、しっかり味がついている方がいいようです。

時間とお金ができたら、まず行きたくなる我が家の癒しの宿 ・SALEPEPEさんで
美味しい独活のお料理を食べさせていただきました。
「おいしい!」と言うと、いつも作り方を教えてくださいます。「簡単よ!やってごらん」って。

090427-1.jpg

名付けて『独活の洋風田楽』。独活嫌いな人も印象が変わるかもしれません。
皮を剥いてスライスした独活を耐熱容器に並べて、味噌+マヨネーズをかけて焼きます。
ソースがだれないようにパン粉を混ぜるのがミソ!甘みは味醂や蜂蜜で、、、
アクセントに韃靼蕎麦茶の茶殻をのせて焼いてみました。


やっぱり独活の香りやアクを楽しみたい私は、皮の金平をもう一品に。

090427-2.jpg

ビールを飲みながら、お~な~のお箸がチョコチョコ金平に伸びていました?!
もうイイオジサンだし、、、遅ればせながら、味覚が大人になってきたのかもしれません。




京みやげ

こちらにも美味しいお菓子はいろいろありますが、こういうお菓子は久しぶり、、、
京都のお菓子をいただきました。
今日のお天気は大荒れで窓の外は春の嵐ですが、お皿の上は、麗らかな春!
丁寧に美味しいお茶を淹れよう、なんて思いになります。

090426-1.jpg

先日も京都・祇園の『都をどり』 の話を聞いて、「行きたいなぁ」と思っていたところに
偶然にも京都の方から鼓月のお菓子やお酒、かわいいハンカチなどいただきました。

090426-2.jpg

ちょうど凜がお茶に興味を持っていることだし、お抹茶でも点ててみようかと思います。

京都から来たきれいなものたちを眺めながら、私も四季やここの自然を感じるような
彩りのあるお皿を作りたいなぁと思ったりしました。





フルーツグラタン

秋に修学旅行にお越しになる中学校の先生が下見にいらっしゃいました。
一昨年の秋から来ていただいていて、今年は三回目です。
「採りたての果物でお菓子作りをしよう」 と昨年からミニお菓子教室を始めました。
昨年は、アップルパイ、、、今年は?と “簡単で失敗なしでウレシイ感じ、、、”
と考えて、『フルーツグラタン』 を提案!
夜に打ち合わせをして、さっそく朝、試作&試食です。

090425-1.jpg

『フルーツグラタン』にはいろいろなレシピがありますが、今回は山本麗子さんのレシピです。
いろいろなフルーツにカスタードソースをかけて焼くシンプルなお菓子ですが、
フルーツの酸味や香りとソースの甘さで、簡単なわりに複雑な味に仕上がります。
フルーツは何でもOK。急きょ試作することにしたので、中味はあるもので。
リンゴのキャラメル煮(昨夜の残り)、ラム酒漬レーズン、冷凍ブルーベリーを器に並べます。
ソース(卵2個、牛乳100㏄、生クリーム100㏄、砂糖70g、コーンスターチ大さじ1、
バニラビーンズ、ブランデーあればカルバドス大さじ1)をかけて180度のオーブンで20分。
これで、10cmココット4個分。21cmキャセロール1台分くらい。

090425-2.jpg

焼きたてあつあつでも、冷してもおいしく食べられます。
たくさんの中学生と触れ合える、私にとってもドキドキの素敵な時間、、、
楽しく作れて、おいしく食べられて、思い出に残るように、何度か試作してみよう!




春野菜

我が家の周りも、里の直売所も、春野菜や山菜でにぎやかになってきました!
昨年、分けてもらった行者にんにくがちゃんと越冬して見事に繁っています。
山の独活は、まだ先ですが、里に出ていたので食べたくなって買ってきました。
レタス、クレソン、セリ、アスパラ、、、食べたい物がいっぱいです。

090424-1.jpg

いろんな葉物野菜は、ホタルイカと甘エビをのせて新玉葱をすりおろしたドレッシングで、、、
行者にんにくと独活は、豚肉の味噌漬けと一緒に紙包み焼き、、、
独活の穂先と蕗の薹は天婦羅、独活の皮は金平、、、
くたくたに茹でたアスパラは、パルメザンチーズとトロトロの目玉焼きをソースにして、、、

090424-2.jpg

春の野菜は、彩りがキレイで食卓が明るく華やかになります。
食べるとフツフツと元気が出てきそうな感じ!明日も庭仕事、がんばれそうです。





新玉葱

新玉葱が直売所に出始めました!小さめの掌サイズが25個詰まった一袋、78円!!
スライスして生で食べるのが、おーなーの好物で、最近は凜もお気に入りのよう。
たくさんあるのでドレッシングにしたり、まるごと煮込んだり色々楽しめます。

090422-1.jpg

今日は、丸ごとレンジで“チン”してみました。7~8分、ただ“チン”しただけなのに
あまくて、濃厚で立派な一皿になります!
おいしい塩で食べるもよし、ドレッシングもよし、、、今日は、黒酢にしてみました。
さっぱりして、甘さがひきたっていい思いつきだったようです!

残りはドレッシングと酢漬けにして、また新たに買って来ようと思います。



外仕事スタート

まだ肌寒かったり、雨が降ったりでなかなか外仕事に手がつけられずにいましたが
気持ちよく晴れたので、朝からヤル気が出てきました(やっと!)

冬の間に、地面が凍ってガタガタになったり、雪で塗装がダメになったり
持ちこたえた耐寒性の宿根草の手入れや、花の種蒔き、苗植え、、、
ようやく春が来た山は仕事が山積みなのです!!

090418-1.jpg

お金をかけず(かけられないので)いただいた廃材や間伐材でコツコツ作っているお庭、、、
冬の間に傷んだ木材に、防腐・防虫・防水のための塗装をし直します。
今年は、素敵な廃材をいただいたので、階段を新しくする予定!
その材料にも、しっかり塗装をしておきます。

090418-2.jpg

その間、凜の外仕事は、、、
ガスボンベ小屋の絵をリニューアル、彼女の絵はあいかわらずの雰囲気です!
ドイツトウヒの大きな松ぼっくり集めにも行って来たらしく、26個の収穫!!!

090418-3.jpg

家の周りがちょっとスッキリして、いろいろとやりたいことが出てきました。
グリーンシーズン、のんびりほっこりできるお庭になるように今年もコツコツです!



春の雨

山から少し下った里は、今ちょうど桜が満開ですが、今年はお花見ができていない、、、
週末に見られるかな?と思っていたのに、あいにくの雨です。
「ちっ」 なんて気分でふと見ると、庭の小さな桜の木に蕾が膨らんでいました。
雨の雫をたくさんつけて、うれしそう!!

090417-1.jpg

女将さんを継いで三年目、、、追われたり引っ張られたりしながらの毎日でした。
いい意味でマイペースに、もう一度足元を見て、ゆっくりひとつひとつと思っていた矢先、
山の桜に 「ゆっくり、じっくりでいいんだよ」 と言われたような気がしました。

今日は、参観日で久しぶりの下山です。雨に濡れた里の桜もキレイかも、、、!



白蕗味噌

いつもは信州味噌で作る蕗味噌ですが、今日は白味噌バージョンです。
母方が京都なのでお雑煮や田楽、ぬたとよく使う白味噌は常備しています。
賞味期限が迫ってきて、使い切ってしまいたいというのが理由だったのですが、
まろやかで、いろいろ応用できそうで、思った以上に満足のいくものになりました。
「油を使うと黒くなる」 と先日ある板前さんに教わりました。
「ちょうど白いお味噌だし~」 と、炒めないで作ったところ色もきれいに仕上がりに!!

090411-1.jpg

先週、蕗の薹採りに来たみよしちゃんから、今朝も電話が、、、
「先週、小さかった蕗の薹が育ってるかと気になって~凜ちゃんもう採っちゃいました?」
と言うわけで、二週続けての登場で、、、今週の収穫は300個?!

今日は、夕飯を一緒にということで卓上天婦羅にして揚げたてをいただきました。
急だったので、ありあわせの食事でしたが、友人夫婦と囲む食卓は楽しくて
久しぶりに深夜まで話し込んでしまいました。
近頃、体調や翌日の予定を考えて就寝時間を気にすることが多くなっていましたが、
たまには、こんな夜もいいものです。時々こんな時間が過ごせたらいいなぁ。






モモちゃん

子供の頃、姉が読んだ本を私が読んで、、、つぎに姉のところの長女、つぎが次女、、、
そして、凜のところへ年季の入った懐かしい本がやって来ます。

今回は、『小さいモモちゃん』 『モモちゃんとプー』 『モモちゃんとアカネちゃん』 の三冊。
この本、なんと初版は昭和39年!今とはずいぶん違った時代背景なのですが
いつの時代の子供にも面白いお話は同じらしく、すっかり気に入った様子。

090410-1.jpg

「ねぇ、かーさん。この続きはないのかなぁ?」 「さぁ、、、?しらないけど、どうかなぁ」
と、話していた翌日に大興奮で帰って来ました。
「学校の図書館にあったよ!続き!アカネちゃんが大きくなってんの!借りてくるよ」

それは、かーさんもぜひ読んでみたい!思わぬ楽しみができました。





芽吹き

まだストーブなしではつらい山の朝、なんだか縮こまってしまいます。
バス停まで凜を送った帰り、球根の芽がいくつも出ていることに気がつきました。
雪の下に積もっていた枯れ葉から顔を出して元気に朝日を浴びています。

090409-1.jpg

水仙、ムスカリ、サフラン、種がこぼれたカモミールも、、、
マイナス20度の気温にも耐えられると聞いて、昨秋植えたシャロームとアスチルベも
雪の下でしっかりと新芽を育てていました。

090409-2.jpg

“春は、ちゃんとやって来る” 小さな花たちに元気をもらいました、がんばろう。




うれしい訪問

朝から電話、、、?みよしちゃんからです。
「蕗の薹の写真見たら、どーしても食べたくなったんですけどぉ、もう終わりですよね?」って。
いやいや、山は先日も雪が降ったばっかり~これからこれから!
と、言うわけで、たまたまお休みだったダンナサマと蕗の薹採りにやって来ました。

凜の案内で、まだ雪の残るゲレンデ跡へ出かけた二人、、、どうやら夢中になってるよう。

090403-1.jpg

本日の収穫は153個でした!採りたてを天婦羅にして抹茶塩で三時のお茶です。
山の採りたて蕗の薹は、香りしっかり苦味もしっかり、、、
「コレ食べたら栽培物は食べられないね~」ってニコニコの二人です。
よかった、満足してもらえて!!こういう訪問は、私もうれしくなります。

「もう少しで食べ頃なのが、まだイーッパイあるんですよぉ、来週も来ますっ」
って、帰り際のみよしちゃん!あなたのそういうところが、私は大好きだよ。


何色が咲くか楽しみにしていた窓際プランターのチューリップが咲きました。
植えたのが姉とトントンだから、予想は黄色~やっぱり、思ったとおりです。
姉と私、服やインテリアの好みは少しずつ違うのですが、花の好みは似ています。

090403-2.jpg

茎が弱っているのは切り花にしました。(この方が球根が育つというのもあり)

090403-3.jpg

まだまだ外は色彩のない山の景色、、、部屋の中に小さな花があるのは嬉しいです。
(しかも買わずに~ってところが、よけいに嬉しい!!)




ブルーの花

ブルースター、デルフィニウム、ニゲラ、ネモフィラ、メコノプシス、エリンジューム、ムスカリ、、、
みんな青い花の名前~涼しげで意外にあわせやすいブルーのお花が大好きです。

今年は、昨年タネを採ることができたブルースター、ネモフィラ、ヤグルマギクを植える予定。
お買い物に行ったホームセンターで傷んでしまったヤグルマギクが400円引きに、、、
元値は498円~ナント98円!!これは我が家で再生にチャレンジです。

090401-1.jpg

姉一家がお引越しすることになり、持って行けないプランターを譲り受けました。
春のために、姉と姪っ子のトントンが種と球根から育てたプランターは紫系。
チューリップは何色が咲くかお楽しみです!!
4月に入っても、気温が氷点下になる山ではまだまだ外に出せません。
長く持ってほしいので、株を丈夫にするために一度切り戻しをしておきました。
切り戻したお花を小さなピッチャーに活けたら、ちょっと春の気分です。

090401-2.jpg

昨秋球根を植えたムスカリと水仙が芽を出し始めたので「早く外に種まきしたいなぁ~」
ですが、やっぱり、、、ふと外を見るとシンシンと雪が舞っていました。

090401-3.jpg

「“急いてはことを仕損じる”のよ」 昔、母によく言われました。
じーっと、春を待つのも大切な時間なのかもしれません。
山に来てしまった花たちにも、陽射しが入る窓際でゆっくり春を待ってもらいましょう。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。