花ちゃんのお勝手日記
かーちゃんこと先代女将から譲り受けたペンションぽいんせちあの“お勝手” での日々を勝手気ままに綴っています。

プロフィール

花

Author:花
信州の山の中でペンションを営む
二代目女将です。
夫(お~な~)と12歳の娘(凜)と、
のんびり山暮らしを楽しんでいます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


最強へのかっぱ伝説

かえるの日記



RSSフィード



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジャック・オ・ランタン

10月31日、ハロウィンです。特にパーティなどの予定はなしですが
凜がかぼちゃのランタンを作りました。

091031-1jpg.jpg

ランタン作りは三年目、今年は蓋の部分を切り落とす以外はひとりで全部できました。
ロウソクを仕込んで、火を灯して、、、それだけでもウキウキ気分です!
針金で持ち手をつけて、掛けたり、持ち歩いたりできるようにしたそうです。

091031-2.jpg

ここ数日とってもいい天気、、、今日も雲ひとつない快晴です。

091031-3.jpg

色づいた落葉松に囲まれた我が家を撮ってみたら、、、
青い空と黄色い落葉松が素敵なコントラストで、赤い桜がいいアクセントになって
「なかなかいーじゃーん」 と自画自賛です!!


スポンサーサイト

落葉松

今朝、お発ちになったお客さまが紅葉した落葉松にとても感激されていて、、、
「ね、感動するって疲れるのよ~!だって働いてないのにお腹すくのよ」
なんて、素敵なことを言ってくださいました。

091030-1.jpg

「キレイになってきたなぁ」 とは、思っていましたが、ちゃんと意識して見てないなと思い、
もったいない気分になりました。
お買い物に行った帰りに、少し遠回り、、、車を停めてあらためて眺めてみました。

091030-2.jpg

本当に、こんな贅沢な環境で暮らしてるのにゆっくり見ないなんてもったいない!
明日は、落葉松林を歩いてみようと思います。



まくら

近頃お裁縫に目覚めた凜、登校前に5時に早起きをしてまで何か縫っています。
「朝ごはんまでに片付けなさいよぉ」 「かーさんの大事な布は勝手に使わないでね」などと
言いながらタイムリミットの6時20分、、、「できたーっ!」 満足して出掛けて行きました。

1年生になってから少しずつ針を持つようになっていましたが、なかなかうまくいかず、、、
最近、児童館のイベントで町のおばあちゃんに縫い物を教わった時にピンときたようです。
突然、縫い目が揃って手早く縫えるようになりましたーやっぱりおばあちゃんはスゴイ!


091028-2.jpg

今朝の作品、、、「なんだろう?お針刺し?」と思っていたら、就寝時に判明しました。
「おやすみなさい」と、いつものようにクマのさーちゃんを連れて寝室へ行き、
おもむろに自分のまくらの横に"作品”を並べて、さーちゃんを寝かして、、、
そっか、さーちゃんのまくらか?!

自分がうつぶせ寝だから、さーちゃんもうつぶせ寝でまくらを抱くようにして就寝です。

091028-1.jpg

ついこの間まで 「かーさん、さーちゃんに○○作ってあげて」 と言っていたのに
自分で作るようになったのね、、、感心しつつちょっと寂しい母です。



紅玉のクレープシュゼット風

ひさびさにやってしまいました、、、二度寝。
お弁当を詰めて、出掛けるお~な~を見送って 「さむいなぁ、ちょっとあったまろ」
で、布団に包まって本を読んでいたはず?!次に気がついたのは
「かーさん、もうお昼前になっちゃうよ」と言う凛の声 !!!!!

こういう日はブランチになってしまうので、3時頃にお腹がすくのです。
でも、しっかり食べたら夕飯時にお腹がすかない。
ガッツリおやつにクレープを焼くことにしました。紅玉リンゴを添えて 『クレープシュゼット風』

091024-1.jpg
『紅玉のクレープシュゼット風』
薄力粉30g+卵1個をボウルに入れてよく混ぜて、牛乳100mlを少しずつ加えてよく混ぜる。
ここに溶かしバター大さじ1を入れ、小さめのフライパンで薄く焼く。4つに折ったクレープをお皿に並べておく。
皮を残してくし型に薄切りした紅玉リンゴ1個分をお鍋に並べてグラニュー糖大さじ3を振り掛ける。
蓋をして中火にかけ砂糖が溶けたら蓋をとって火を通す。
お皿に並べたクレープに煮たリンゴとソースをかけブランデーをたらして火をつけアルコール分をとばす。
好みで粉砂糖やシナモンをかけて出来上がり。


午前中のんびりしてしまったので、午後は夕飯のおでんを煮ながら常備菜作りに勤しみます。
意外と気が小さいと言うか真面目なので、思いがけず寝坊とかすると罪悪感にかられちゃって、、、

今日はドンヨリと寒そうだったので、めずらしく外に行かない凛、、、
小麦粉粘土でなにやら製作、彼女も秋らしくモノ作りの一日だったようです。

091024-2.jpg

出来上がった作品は、水で薄めた木工用ボンドを塗って完成。
キーホルダーにするとか、アクセサリーパーツにするとか?なにかになる予定だそうです。
これ、アタマにつけたりするのだろうか、、、?



初霜

あっという間に10月が半分過ぎてしまいました、、、毎朝、山の色が変化します。

091021-1.jpg

「え?!初雪?」 と思ってしまった今朝の景色、、、ゲレンデ跡が一面、霜で真っ白でした。

091021-2.jpg

先日、紅葉を探しにいく時に 「家の周りが一番きれいだったりして~」 と、
お~な~が言っていたのを思い出して、朝少し歩いてみました。

091021-3.jpg

日の出の時間が遅くなってきているので、7時頃に蓼科山から昇る朝日が見られます。
朝日の木漏れ日は、射し方が独特で力強い感じ、、、

091021-4.jpg

朝日を浴びながら小一時間の散歩、贅沢な一日のスタートでした!


紅葉探索

秋晴れの日曜日、家の窓から見る景色があっという間に色づきました。
「近場の景勝地もいいかもね」 と、紅葉のキレイなところを探しにドライブに出掛けることに!

091018-1.jpg

青空に映える車山のススキは独特の風景、たくさんの車が停まってカメラを向けていました。

091018-2.jpg

少し下って、白樺湖。真っ赤なドウダンツツジが鮮やかです。

091018-3.jpg

車を停めて遊歩道を散策です。ナラや白樺の黄色い葉っぱからの木漏れ日が幻想的!
何か見つけると、とにかく登ってみたいサルのような凜、優雅に散策というわけにいきません、、、
が、森の中を桟橋がぐるっと巡らせてあって、岩に苔が生していて癒される景色でした。

091018-4.jpg

ここは気軽にお散歩のできるコースがいくつかあるので、また違うコースで来ようと思います。

091018-5.jpg

蓼科牧場の周辺をドライブして~女神湖周りで帰るか、、、と車を走らせていると、
思いのほか、暖かく気持ちのいい女神湖を見て 「カヤック乗る?」 と思いついてしまいました。

091018-6.jpg

ここでは、気軽にカヤックとカナディアンカヌーの体験ができます。
ヤッケ+防水ズボン+ライフジャケット+サンダルの装備もついているので安心です。
お~な~と凜は経験者なので、1時間3500円で二人乗りのカヤックをレンタル。
(初心者はインストラクターの講習を受けることになっています。詳しくはコチラ)

091018-7.jpg

水面に座って浮いているような感覚で、カモの家族と一緒に湖面をスイスイ、、、
凜もいつのまにか漕げるようになっていたので次回はひとり乗りにチャレンジできそう。
風邪が治ったばっかりのかーさんは遊歩道で湖廻り、これはこれで気持ちよかったです。

091018-8.jpg

落葉松の紅葉は来週くらいが見頃かもしれません。
「自転車で散策もいいかもね~」 と楽しみがひとつ増えました!



モンブランパイ

台風が通り過ぎたあと、学校がお休みだった凜は 「風で栗が落ちてるはず!」 と
野生動物のように山に向かいました。そしてボウルいっぱいの山栗の収穫です!!

前回は『おこわ』 にしたので、今度はお約束の 『栗クリーム』 を作ることに 。

091011-1.jpg

水に浸しておいた栗をやわらくなるまで茹でて、半割りにしてスプーンで実をすくい出します。
さすが野生動物の勘、甘くて虫がつきやすい山栗ですが落ちたばかりなので虫食いなし!
レジャーシートを敷いて無心に作業をしていました、、、裏漉しした栗が600gです。
これを、ブラウンシュガー300g+生クリーム1カップとよく練り合わせてペースト状に。
半量にブランデー小さじ2を入れて丸型口金の絞り袋に、残りの半量には香りづけに
ヘーゼルナッツシロップ大さじ1を入れて星型口金の絞り袋にセットしておきます。
パイ生地を好みので抜いて天板に、、、ちょっと木の葉型で遊んでみました!

091011-2.jpg

栗の量が少ないときは手作業で作っていたのですが、たくさんあったのでバーミックスで。
この状態までやっておけば冷凍もできるし、アイスクリームの素にもなります。

091011-3.jpg

パイ生地に丸型口金の栗クリームを絞りだして、180度のオーブンで12分。
焼きあがったら粗熱をとって、星型口金の栗クリームを好みに絞りだします。
てっぺんやお皿に細い口金の絞り袋でホイップクリームを飾って粉砂糖を少々!!

091011-4.jpg

デザインを考えるのも楽しいモンブラン作りです。


秋の午後

お客さまの到着を待つ午後の時間、ちょっとひと息です。
期待通り、台風の後の山はひんやりと空気が澄んで秋らしい空!
雲の切れ間からお日さまの光が射しこんできて、目にも肌にも心地いい感じです。
穂が開いたススキは、少し前と光り方が違って、「キレイ~」と改めて感激したり、、、
お~な~も、カメラを持ち出しました。

091009-1.jpg

日に日に色づいていく山の景色が楽しみな秋です。

091009-3.jpg


台風一過

「大きな台風が直撃!」 と、珍しく物々しい空気が漂いましたが、、、
寝ている間に過ぎた感じです。
いろんな方に、「大丈夫?」 と電話やメールをいただいきました。
離れていても案じてくれる人がいるのってありがたいなぁ~と感謝しつつ、
私も、そういう気遣いのできる人になりたいなぁ~と想う台風の日でした。

091008-1.jpg

台風の影響といえば、、、普通だったらまだ落ちない葉っぱが舞ったくらい?!
まだ少し緑の残る山に、紅や黄色の落ち葉が散らばっていて、これもなかなかキレイ。

体育の日の連休は、台風一過で素晴らしい秋晴れになるかな!と楽しみです。




カンタンリンゴパイ

いよいよ紅玉が熟してきました!本当に深いツヤツヤの色になったら蜜が入ってきます。
夕飯をパスタにしたので、少し物足りないかなぁ~と即行でパイを焼きました。
今日は雨模様なので肌寒く、生の果物より火を通した方が食べたい感じもして、、、

091016-1.jpg

冷凍してあった作り置きのパイ生地を適当にのばして、薄く切ったリンゴを並べるだけ!!
パイ生地の上にカスタードやアーモンドプードルを敷いたりすることもあるのですが
今日は超カンタンに。ウロコのように並べたらちぎったバターとグラニュー糖とシナモン少々。
200度のオーブンで12分焼いて出来上がりです。

091006-2.jpg

リンゴがジューシーでさっぱりしていて、食後にはちょうど良い感じに仕上がりました。
次は、気合いを入れてちゃんとしたパイやタルトも焼こうと思います。



松本城でお月見

予定していたお客さまが、ご都合で来られなくなったのでポッカリ空いた土曜日になりました。
「こんなチャンスに!」とお願いしていたスープ皿を取りに松本に行くことにしました。
ちょうど中秋の名月の夜、国宝・松本城では月見に宴が催されていて、無料開放とのこと、、、
早朝から降っていた雨もやんで、晴れ間が出てきたので “満月” が期待できそうです!

091003-1.jpg

あちらこちらで、お祭りが催されていて楽しい雰囲気です。通りがかりの神社にお参りしたり、
好みの手吹ガラスや砥部焼の器のお店や、ところ狭しとヨーロッパのオモチャが積まれたお店、
お~な~も自転車関係のお店に立ち寄ったり、それぞれブラブラ~

091003-2.jpg

世界各国の手仕事作品を集めているという、これまた好きな雰囲気のお店に立ち寄ると、
お店の奥が中庭になっていて、奥の蔵があります!とっても素敵!
そして、そこで 織物作家・島津和子さんの 『糸はたのしい』 という個展が開催されていました。
カラフルで温かい色と素朴な織がとても素敵な作品の数々、織機や糸紡ぎ機にも興味津々。
島津さんが、気さくで楽しい方でいろいろお話も聞かせてくださいました。
15分の手織り体験がさせてもらえるということで、さっそく凜が挑戦です。

『さをり織』 は決め事が少ないそうで「個性の“差”を織り込む、みんな違ってみんないいんだよ」
と、素敵なお話もしてくださいました。心地いい機の音と織りあがっていく不思議な感覚に
凜はすっかり虜になったようで、将来の夢に『織物作家』がプラスされたようです。

091003-3.jpg

日が暮れてから松本城へ向いました。見事な名月で感激です!!
満月と天守閣、それがお堀に映って幻想的、、、フルートや琴の演奏、お茶席もありました。
楽しみにしていたお団子が売り切れていて残念だったので、来年にリベンジです。

091003-4.jpg

長いこと楽しみに待っていた立杭焼のスープ皿、秋の献立に一役かってくれそうです。
意外に渋い色あわせの凜が織った『さおり織』は何に使うか思案中!

091003-5.jpg

島津さんは、大阪を拠点に国内外で染色・糸紡ぎ・織物のワークショップを開催しているそうで
「弟子入りしたいね~」 と糸の魅力にはまっている母娘です。
思いがけない臨時休日と素敵な出逢いに感謝の土曜日になりました。


<国宝・松本城>↓ ※我が家からは、いくつかの温泉を通りながら1時間ちょっとのドライブです
http://www.city.matsumoto.nagano.jp/kanko/siro/annai/siroannai/


栗おこわ

かーちゃんから栗をもらいました。茹でて半割りにしてスプーンですくって、、、も好きだし
栗クリームも、アイスクリームも、渋皮煮も、甘煮も、捨てがたい!いろいろ考えましたが、
お米を作ってもらっている望月のおじいちゃんからいただいたもち米がある!というわけで
栗第一弾は、おこわにしました。

091002-1.jpg
『栗おこわ』
もち米3カップと栗は洗って別々に一晩水につけておく。
水をきったもち米を湯気の上がった蒸し器に濡れ布巾を敷いてドーナツ状に入れ20分蒸す。
栗は鬼皮と渋皮を剥いて、大きければ半分くらいに切って水に晒しておく。
蒸したもち米をボールにあけ、出汁1/4カップ+塩少々+白醤油大S1+酒大S3をまわしかけてよく混ぜる。
味をつけたもち米をもう一度蒸し器の濡れ布巾にドーナツ状に入れ、栗をちらして20分蒸す。



余ったら、小分けにして冷凍しておきます。小腹が空いた時や、お弁当に困った時に便利です。
栗おこわは、見た目も香りも秋の味覚そのもの、蒸し器仕事も秋の到来を感じさせてくれます。
そうだ、きのこおこわも作りたいなぁ~と気分が盛り上がってきました!





紅玉

今の時期、あちらこちらで真っ赤な実をたくさんつけたリンゴの畑を見ることができます。
出回る時期が短いのと作る農家さんが減っているので、手に入りにくくなっている紅玉、、、
少し小ぶりで、深紅と言った感じの真っ赤な色がかわいいリンゴです。
シャキシャキと硬めの食感で、酸味がしっかりあるのでジャムやお菓子に向いています。

町内に紅玉リンゴの農園があるので、ラッキーなことに手に入りやすいのです!

091001-1.jpg

ずらりと並んだリンゴの木に、たくさんの真っ赤な実がついている景色は本当にきれい。
絵本の中の風景のようで、見ているだけで幸せな気分です。

紅玉のジャムに、パイ、タルト、ケーキ、コンポート、アイスクリーム、ワイン煮、焼リンゴ、、、
作る物を考えながらニヤニヤしてしまいます!!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。