花ちゃんのお勝手日記
かーちゃんこと先代女将から譲り受けたペンションぽいんせちあの“お勝手” での日々を勝手気ままに綴っています。

プロフィール

花

Author:花
信州の山の中でペンションを営む
二代目女将です。
夫(お~な~)と12歳の娘(凜)と、
のんびり山暮らしを楽しんでいます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


最強へのかっぱ伝説

かえるの日記



RSSフィード



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


蕨のピーナッツ和え

外に出るたびに、ちょこちょこっと山菜を採ってくるので、必ず何かしら食卓にあがります。
ちょうど、朝採った蕨の灰汁が抜けたので、「小さな一皿に、、、」 と考えました。
今日は『鮪山かけ丼』で醤油味がメイン。『くらげとキュウリの酢の物』があるのでお酢もNG。
先日作ったピーナッツダレが少し残っていたので、これを使うことにしました。
量が少ないし、甘すぎると合わないので、お味噌を足して、、、
蕨の香りと意外に好相性で、いつものお浸しとちょっと違うなかなかの一品になりました!

100531-1.jpg
『ピーナッツダレの和えごろも』
クラッシュピーナッツ+メープルシロップ(蜂蜜でも可)+めんつゆをフードプロセッサーに入れてペースト状にする。
それぞれの量は、味をみながら好みの加減に、、、
好みの辛さのラー油を足して再度撹拌する。これに、少し味噌を足して茹でた野菜と和える。
生野菜のディップにも、お肉やお魚に塗ってグリルしても、、、。


お勝手仕事は「ほんの少し残しておく」と、次に繋がったり、新発見になったりするのが楽しくて
なんだか、ちょっと得した気分です。




スポンサーサイト

ペンキ塗り

朝から、すっきり晴れて真っ青な空が広がりました!
「いいお天気の日に」と、待っていたペンキ塗りをすることに、、、

100528-1.jpg

丸太や廃材でコツコツと作っている我が家のお庭、、、雪や風にさらされるので
梅雨の前と雪の前に、防腐・防虫・防水のオイルを塗っておかなければいけません。

今日は、一年間乾かしていた丸太の皮をむいて磨いて塗装もすることに。
グラインダーで少しきれいにしたら、オイルを重ねて塗っていきます。
この丸太は、杭や土留め、境界線の印の塀代わりに使います。
ちょっと腰掛けたり、花鉢を置いたりフックを付けてハンギングしたり、、、
いろいろと楽しめるし、自然の景色をあまり壊さない雰囲気なのでお気に入りです。

デッキ、ベランダの手摺り、杭、もしっかり塗装。
塗りなおすたびに出るこの古びた風合いが、私の好みです。

100528-2.jpg

朝からとりかかったものの、全部は終わらず、、、
明日、凜にも手伝ってもらって仕上げをすることにしました。
バードテーブルの屋根も、少し派手目な色にリフォームしようかと思います。
明日も、晴れますように、、、






いろいろな地物野菜が豊富になってきて、どう使おうか?と、ご飯の支度が楽しい時季です。
今日は直売所で『葉玉葱』を仕入れました。葉っぱごと食べる玉葱で甘くて美味しいのです!
小さな新玉葱も、ピクルス用に買いました。今年も赤ワインピクルスにする予定です。
芹はばぁばからお裾分け、韮はかーちゃんから、どちらも採りたてで香りがしっかりです。

新鮮なイカが手に入ったので、葉玉葱と煮付けることに、、、
小ぶりなイカは、目と嘴を除いてワタごと煮るので濃厚な感じになります。

100527-1.jpg

さて、残りは、、、新鮮な香りと歯ごたえを楽しみたいので『野菜のしゃぶしゃぶ』に。
「ポン酢とピリ辛のピーナッツだれで食べたら美味しいなぁ~」と
ひとりニヤニヤ考える午後の時間、野菜を並べての楽しい時間です!!



山菜三昧

凜のお迎えのバス停帰り、ゲレンデ跡を歩きながらちょっと山菜チェック、、、
雨上がりのせいか、思った以上に出ています。
嬉しくなった凜は、「ランドセル置いてくる!」と駆け出して、スコップを持ってきました。
今日は、めずらしくお~な~が夕飯のいらない日で、、、「ラクしようと思ってたのになぁ」
と、思いつつ採り始めるとついつい夢中になってしまう山菜採りです。

こごみ、わらび、山ウド、よもぎ、、、本日のおかずに天婦羅の追加決定です!

100526-1.jpg

二人分のお刺身の盛り合わせを買ってきていたので、丼にしました。
茹でたコゴミとかーちゃんが煮てくれた蕗と伽羅蕗も盛り合わせ。
お味噌汁にも、蕨とコゴミを入れました。
たっぷりの山菜の天婦羅は、ダッタン蕎麦の塩であっさりと。
おいしい野菜や山菜の天婦羅を食べて育っている凜は、「天婦羅は塩で」と決まっています。
よもぎの天婦羅は「香りがすごいから何にもつけないほうが美味しいよ」とのこと、、、
食材に恵まれているって本当に幸せです!!

100526-2.jpg

あまり山菜が得意ではないお~な~ヌキの夜、女二人で山菜三昧の贅沢な食卓でした。



遅ればせながら、、、

5月も後半になって、桜です!!
この春は、ほとんどの桜の木があまり咲かずに葉が出てきました。
ちょうど蕾がふくらんだ時に、雪が降って咲かないまま蕾が落ちてしまったからです。
こんな、忘れた頃に、しっかりと咲いてくれました。
山の桜なので、ソメイヨシノとちがって、赤みがかった葉と同時に咲く可憐な花です。

100521-1.jpg

桜の花と青空に誘われて、外仕事の一日になりました。
草ヌキ、土作り、種まき、花植え、木や野菜苗の支柱作り、、、
少し、お庭が華やかになりました!!

100521-2.jpg

今年は、あきらめていた種が芽吹いたり、こんな風に桜が思いがけず咲いてくれたり
なんだかイイコトがありそうな気になります!!



アスパラの定番

ようやく、直売所にアスパラが並びだしました。「アスパラが出たら、卵で食いたいなぁ」と
お~な~が言っていたので、今日は『アスパラのミラネーゼ』です。
洒落た名前がついてますが、いたって簡単&単純な一皿。
イタリア式によーく茹でたアスパラの上に黄身がトロトロの目玉焼きを乗せたものです。
塩とパルメザンチーズ、オリーブオイルをふって、卵をくずして絡めながら食べる!
コツは目玉焼きの焼き方、ソースにするので焦げ目をつけずトロトロに仕上げます。
これが、我が家のお気に入りでアスパラの時季は定番料理です。
本当は、アスパラを3~5本にしたいのですが、まだ安くなっていないので今日はガマン。

100520-1.jpg

遅れていた蕨も、ようやく出てきました!
こちらも、今日は少しずつだったので、お味噌汁に、、、

100520-2.jpg

毎日、初物が並ぶ季節の変わり目は、作るのも食べるのもいつもに増して楽しみです!



こごみ

ここのところ日中ポカポカすることが多かったので、「そろそろ、、、」と見に行くと
枯れ草の間から、くるんとしたコゴミのあたまが覗いていました!!
くせがなく灰汁ヌキの必要もないコゴミは、扱いやすい山菜で子供でも食べられます。

100518-1.jpg

たくさん採れなかったので、さっと茹でてラディッシュと春キュウリと一緒にお皿へ。
こんな風に、採りたての野菜を生やさっと火を通しただけで食べるのが大好きです。
これも我が家の定番、味噌マヨネーズを添えて、、、

100518-2.jpg

おいしい野菜や山菜が毎日食べられる季節になったので、おいしい塩とお酢、
いろんなディップも仕込んでおきたいと思います!



久々の外仕事

花植えをしたいと思いつつ、、、「もう、しばらく」と、様子を見ていました。
今日はポカポカと暖かく、新芽が出てき木も芝も薄緑色になってきています。
「よし!今日は外仕事の日」ということに。

100515-1.jpg

枯れ草や苔が絡まっている芝にレーキをかけて、、、種まきをするところは鍬を入れます。
雑草を抜いていると、そこここに小さなビオラやワスレナグサが咲いています!!
最低気温が氷点下20度なんてことになる我が家で、植物の越冬は難しく、
宿根草も多年草もよっぽど耐寒性のあるものでなければ、翌年も咲くのはマレなのです。
そんな我が家で、厳しい冬を越えてこぼれた種から芽吹いてくれた小さな花たち、、、
とても嬉しい気分になりました。宿根のシャロームやギボウシも2年目の越冬成功です!

100515-2.jpg

バードテーブルの下に、ストロベリーキャンドルを植えて、、、
小さな野菜を育てる予定の場所には、周りに虫除けのマリーゴールドの種を蒔きました。
今年の窓辺の鉢は、赤・白・紅色のゼラニウムとピンクのアイビーゼラニウム。
順調に成長&繁殖を続けているオリヅルランの株分けとランナーの植え付けもできました。

じっくり外で作業をしてみると目に付くところがいっぱい、アレコレ仕事が山積みです。
凍み上がった(土が凍って盛り上がってしまうこと)石段の補修、、、
廃材で作ったデッキやポールのオイル塗装、、、バードテーブルの修理とペンキ塗り、、、
野菜やハーブの植え付けと種まき、、、

しばらくお天気が続いてくれますように!




母の日の焼き菓子

「さて、今年の母の日は何を作ろうかな?」と材料を物色して、、、黒くなってきたバナナがある!
今年は『バナナケーキ』に決定です。母の日やお誕生日、結婚記念日、先代の命日などなど、、、
お菓子を届けることにしています。自営業の我が家、羽振りのいいことができない時もあるし
細く長く続けられることを―と考えて。材料をわざわざ買い揃えないのは、“ムリしない”という
ことと、そういう“あるもので考えた”時の方が、おいしくできたりするから!

100509-1.jpg

レーズン、クラッシュピーナッツ、シナモンシュガー、メープルシロップが集まりました。
これだけあれば、十分です!かーちゃんに1本、ばぁばに1本、我が家の味見用に少し。
甘さ控えめなのでホイップクリームとシナモンシュガーを添えて。朝食にもOKのイメージです。
届けるつもりだったのですが、めずらしく凜が風邪っぽいので配達はお~な~にお願いしました。

100509-2.jpg
『バナナ&ナッツケーキ』
バター100g+薄力粉100g+ブラウンシュガー50g+卵2個+牛乳大S2+メープルシロップ大S2+飾り用バナナ
色止め用レモン汁適宜+ブランデーで戻したレーズン・ナッツ類・シナモンシュガーそれぞれ好みで適宜

室温に戻したバターをホイップしてブラウンシュガーを数回に分けて入れ、よくすり混ぜる。
ときほぐした卵に牛乳・メープルシロップを入れ、ホイップしたバターによく混ぜる。
フォークで潰しレモン汁で色止めしたバナナ・レーズンを混ぜ、薄力粉を数回に分けて入れ切るようによく混ぜる。
紙をしいた型に流しいれ、ナッツ、バナナを飾りシナモンシュガーをふって170度のオーブンで25分焼く。



お~な~を送り出して一息ついていると、ゲレンデ跡にいつもお世話になっているSさんが?!
造園職人のSさん、公園整備のお仕事で来られたそうで、、、「お茶を」と思ったものの
もう食べちゃってお茶菓子が何もない!急遽、別バージョンでもう一つ焼くことにしました。
『抹茶金時ケーキ』バナナを抹茶、レーズンをあんこ、メープルシロップを黒蜜に変更です。
きれいな色に焼きあがったのはよかったのですが、少し抹茶が利きすぎて甘みが足りません。
粉砂糖とホイップクリームを添えて、好みで黒蜜もかけてというスタイルに落ち着きました。

100509-3.jpg

そんな感じで過ぎていった日曜日は、よく晴れてポカポカ~山の桜もようやく咲きました。
見るのを忘れていた裏のタラの芽も、すっかり大きくなってしまっていたので、
凜に採ってきてもらいました。久しぶりの風邪で安静を強いられていた彼女は、
「今年は母の日のプレゼントを、なにも仕込めなかった」と不本意な様子、、、
まぁ、山盛りのタラの芽天婦羅がプレゼントといったところです。

100509-4.jpg

「早く治ってくれるのがなによりのプレゼントだよ」なんて説教クサイことを言ってしまい
「あ~こういうのって自分が子供の頃、キライな台詞だった」と反省した母の日です。
そうじゃなくって、何かしたいって思ってくれた気持ちと「かーさんいつもありがとうおやすみなさい」って
照れくさそうに呪文みたいに言って、そそくさと布団に入った姿が、うれしいって言わなくっちゃなぁ。





プチリフォームその1

『要補修』だらけの我が家ですが、中でも一番気になっていた地下のお風呂部分にやっと着手です!
地下と言っても、斜面に建っている家なので、玄関より下というだけで実際は地上にあります。
この部分、先代オーナーである父と伯父の手作りなので、思い入れも強くお気に入りの場所。
でも、手作りで味があるんだけど(だから?)傷みが早く悩みの種でもありました。

いつもギリギリの工期と予算でわがままを言う私たちに付き合ってくださる工務店さんに相談して
グリーンシーズンの間に、少しずつ手を入れていくことになりました!
総タイル貼りの手作りお風呂は、やるとなるととんでもない大仕事になるので、次回、、、
傷みのひどかった脱衣所とお風呂場前の小さなスペースの床・壁・天井を補修することに。

100508-1.jpg

このフリースペースが、お風呂上りにホッとできるお気に入りの場所なのでアレコレ考えました。
こんな小さな場所ですが、いざお金と時間を使って手を入れるとなるとなかなかまとまりません。
特に、先代から引き継いだ場所なのでその重みもあって、「かーちゃん、どう思うかな?」とか。
床にはムクの板を貼ってもらい、壁は補修をしたら自分達で珪藻土を塗るということに、、、
いつもお世話になる大工さんたちが、いろいろと教えてくださいました。何も知らないのに
イメージだけ膨らんでいる私のことを見兼ねてでしょうか、個人持ちの道具も貸してくださって
「失敗しても上から塗り直せるし、その方が味があるからな」って、本当にありがたいことです。
大工さんの仕事が終わった後、テープとシートで養生作業、、、これだけでもけっこう大変!!

100508-2.jpg

脱衣所の方は、湿気が心配なのでプロにお任せして、、、タイル風床材と塗り壁風壁紙に。
「あっちは、自分達で塗ります」と言うと、これまた継ぎ目の補修やパテ塗りをやって
いろいろと教えてくださいました。本当に本当にありがたい地元の職人さんたちです。

そして、塗りあがりました!ニッチの中にはダウンライトが仕込んであるので念入りに、、、
とりあえず、挿し木用のオリヅルランのランナーを置いたら「そんなのしかないの?」と、
お~な~に言われましたが、ぼちぼちゆっくり考えながら~だからいいのです!
壁塗りは性格がよく出るようで、お~な~の壁・凜の壁・私の壁とそれぞれ違った表情?!
そんな楽しみもあり、壁塗り、クセになりそうです。あっちもこっちも塗りたくなってます。

100508-3.jpg

お風呂場への扉は、いろいろ考えて作ってもらうことになりました。
ニッチをはさんで反対側にも同じ扉がつく予定です。
今のところは、以前、凜の押入れクローゼット用に縫ったカーテンを拝借して代用、、、

100508-4.jpg

床もこれから、少し濃い目の色に塗る予定なのであまり物は置けません。
でも、あまりに殺風景なので長年使っているティーテーブルと椅子を置いてみました。
イギリスのアンティークですが、なかなか壁の雰囲気に馴染んでグッとよく見えます!

100508-5.jpg

窓には、胡桃油で磨いた桜の枝をレールにして、小さなカーテンを4枚かけました。

100508-6.jpg

まだまだ未完成の空間ですが、途中経過も楽しみながら、、、
あっちへフラリ~こっちへフラリ~手を加えていきたいと思っています。
こんな一歩一歩の我が家のプチリフォーム、まだまだ続く、、、なのです。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。