花ちゃんのお勝手日記
かーちゃんこと先代女将から譲り受けたペンションぽいんせちあの“お勝手” での日々を勝手気ままに綴っています。

プロフィール

花

Author:花
信州の山の中でペンションを営む
二代目女将です。
夫(お~な~)と12歳の娘(凜)と、
のんびり山暮らしを楽しんでいます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


最強へのかっぱ伝説

かえるの日記



RSSフィード



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ポイントは赤

少し前にリフォームしたお風呂前のスペース。ドアがないままでしたが入っています!
最初はオーソドックスな濃い茶のドアを考えていましたが、急に思い立って変更。
「濃い茶じゃ重くて狭く感じるかもしれないし、明るくてなにかアクセントになる方が」
で、深い赤のドアにしました。毎度ワガママで変更の多い私ですが、工務店さんは快く
相談にのってくださって、「イメージしてるようなのはないから作ろう」と言うことに。
ニッチを挟んで、深い赤のドアが2枚並んでいます。

やっぱり赤が好きなようで、気がつくとアチコチに赤い色が、、、
模様替えした棚の古いランプ、キャンドル、マチスの金魚鉢のポスターも赤がポイント。
今年は、客室の窓のお花も赤系のゼラニウムです。

100731-1.jpg

屋号が『ぽいんせちあ』だし、赤がポイントっていうのもいいかもーなどと思い
今日は、窓枠を赤いペンキで塗ってしまいました!

紫外線が強いので、お~な~にシェードをつけてもらうことに。
玄関先につけると思った以上にイイ感じだったので、お勝手の西側の窓にもお願いしました。

100731-3.jpg

しましまのシェードがついた我が家、なんだかちょっと夏の顔です。

100731-2.jpg

古くなった丸看板をはずして、ペンキを塗りなおした玄関の外壁、ちょっとスッキリし過ぎかな?
丸看板をリメイクするか、全然違う感じにするか、、、思案中です。


スポンサーサイト

夏の仕事

ブログの更新が停滞していた7月、、、心配して声をかけていただいたりして、感謝です。
体調が悪いわけではなく、少し遅れて収穫期を迎えた夏野菜のお仕事などしていました。
お皿の上が鮮やかになる嬉しい時季です!緑鮮やかな朴葉を敷いたりして楽しんでいます。

100729-1.jpg

野菜の下拵えに、ひと手間。そのまま食べても十分おいしいトマトですが湯剥きして
塩+オリーブオイル+バルサミコで冷たくしておくと少し気取ったお味になります。
人参、ビーツは蒸してキレイに色を残します。パプリカは丸ごとグリルしてマリネに。

100729-2.jpg

ようやく茂ってきたお庭のハーブは、干したり挿し芽にしたり、生で使うように活けておいたり。
ドライのタイム、ミント、ローズマリー、オレガノ、バジルはピクルス作りにも役立ちます。

100729-3.jpg

色のきれいなベリー類!ブルーベリーやすぐりはムースにするのが今年のマイブーム。
もちろん、ジャムも仕込んでいます。

100729-4.jpg

採りたてのキュウリは、毎食一本ずつかじっても追いつかないくらい!!!
塩をして、干してから甘酢に漬ける『ハリハリ甘酢』をたくさん仕込みました。
バジルは、にんにく+オリーブオイル+松の実+パルメザンチーズで『ジェノベーゼソース』
マヨネーズとあわせてディップにすると、野菜がモリモリ食べられます。

100729-5.jpg

『紫蘇ジュース』も準備OK。『杏ジャム』と『南蛮味噌』は、かーちゃんから届きました。
これからの仕事は、、、『ルバーブのシロップ煮』『ドライトマト』『南蛮醤油』

100729-6.jpg

茄子やズッキーニ、トマトはこれからどんどん収穫されます。まだまだ仕事は山盛りです!




Petit Louvre @メルシャン軽井沢美術館

用事があって、朝早くから佐久市に行きました。
立ち寄ったお店で、真っ赤な色が目について、ふと手に取ったパンフレット、、、
数々の映画美術監督で話題の種田陽平氏監修の『小さなルーブル美術館』展のものです。
今日から夏休みの凜と「休み中一度は美術館に」と言っていたし、用事はすぐに終わったし、
種田陽平氏のデザインには興味があったし、場所が大好きなメルシャン美術館だし、、、
というわけで、9時半の開館と同時に行って来ました!

100727-1.jpg

ちなみに、軽井沢のお隣・御代田町にある『メルシャン美術館』はお気に入りの場所で
自然いっぱいの敷地内にミュージアムショップ・カフェ・レストラン・ウイスキー蒸留所などが
併設されていて、お庭を散策するだけでも気持ちの良いところです。
樽貯蔵庫を改修した美術館はルーブル美術館改修を手がけた建築家によるものだそう。
いろいろな企画展やイベントもいつも面白く、ミュージアムショップの中も品揃えも素敵です。
ショップの中にはお絵描きコーナーがあり、絵を鑑賞したあとすぐに絵が描けます!!

100727-2.jpg

今回の企画展は、以前『三鷹の森ジブリ美術館』で開催されたものを再構成したものだそう。
小さな展示室にルーブル美術館をギュっと凝縮した内容は、飽きることなく、、、
あっと驚いたり、くすっと笑ったりする仕掛けがところどころあって楽しめました。
子供の目線で見て触って感じて~というコンセプト通り、子供の美術鑑賞の入り口にぴったり。
凜も惹きこまれるように見入っていて、「もう一回見たいのがある」と2周したほどです!

100727-3.jpg

10月24日まで開催されているので、我が家に来られるお客さまにもオススメの展示です。

↓『メルシャン軽井沢美術館』※割引チケットがプリントアウトできます!
http://www.mercian.co.jp/musee/index.html




Birthday Party

なんだかブログを書きそびれて毎日が過ぎてしまっている7月、、、
凜の誕生祝いも、しそびれたまま月が変わってしまいそう?!で、急遽お祝いをすることに。

100725-1.jpg

毎年毎年、かーちゃん・おーちゃん・ばぁばにお祝いしてもらっている凜の誕生祝い。
大袈裟な気もしますが、こういうことで生まれてきたことを嬉しいと感じたり、、、
いろんな人の係わりの中で大きくなっていることに感謝したりできるといいな、と思います。

お仕事明けだったので、ある材料で食卓を調えて、、、裏山で摘んだ野の花を飾って、、、
素朴なお祝いのテーブルですが、みんなでワイワイ食べるご飯はやっぱりオイシイ!!!

100725-2.jpg

来てもらったついでにあれもこれも~と言うわけで、かーちゃんとばぁばに試食のお願い。
新しいメニューやこのところ定番になりつつある『ムースケーキ』への意見をもらったり、
お~な~は家の補修関係のことをアレコレおーちゃんに相談したり、充実の時間になりました。

一応、凜の好みで用意した物は、『キュウリ&南蛮味噌』『タコのマリネ』『生ハムサラダ』
『茄子の揚浸し』『チリポークビーンズ』、、、など「呑むの?」というようなメニューです。
こういう好みも年々変わっていくのでしょうか?どんどんオヤジ化とか?!

いつか、ずっと先には、ほかの大切な人とお祝いすることになるのかなぁ。
子離れできない母のようですが、まだしばらくは、こんな時間を過ごしたいと思ってしまいます。




二桁

7月12日は、凜が生まれた日、、、10歳になりました。
『10歳』をキーワードにしていた我が家、「お父さんもかあさんも同じ二桁だよ」
と、いうことで、ひとつオトナへの第一歩というか、、、
「自分の思うとおりにできることも増やすけれど、責任もついてくるんだよ」と話しています。

野生児の凜も、4年生になって多少“色気づいた”ことを言い出しました。
「木村カエラみたいな髪型にする」とか(お~な~には「お!ちびまるこちゃんか?」と?!)
おーちゃん&ばぁばには、CDが聴きたいと自分専用のプレーヤーをプレゼントしてもらい
かーちゃんには、腕時計をリクエスト。
なんだかオトナになっていくようで、でも、まだまだ赤ちゃんみたいに甘えていたり!!

母である私も、もう10歳、まだ10歳。一緒に成長しながら楽しく暮らそう!と改めて思う日です。

100712-1.jpg

私たちからのプレゼントは、キャンプ道具いろいろです。
今まで姉一家にくっついてキャンプに行っていた凜、今年は本格的なキャンプに参加です。
たった一人で、全国から集まって来た子供達と数日過ごすアウトドア生活!!
お~な~はボーイスカウト、私はガールスカウトだったので、その面白さは知っています。
ワクワクドキドキの応援に少し奮発して揃えました(アウトレットで格安で!)

今年も、いろんな方にたくさん「おめでとう」のメッセージをいただきました。
こうして成長できることに、心から感謝です。

お誕生日当日は、和太鼓の練習でお祝いができなかったので後日時間を作って
凜のリクエストにより『たこ焼きパーティー』になりそうです!!







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。