花ちゃんのお勝手日記
かーちゃんこと先代女将から譲り受けたペンションぽいんせちあの“お勝手” での日々を勝手気ままに綴っています。

プロフィール

花

Author:花
信州の山の中でペンションを営む
二代目女将です。
夫(お~な~)と12歳の娘(凜)と、
のんびり山暮らしを楽しんでいます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


最強へのかっぱ伝説

かえるの日記



RSSフィード



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


祝!70th

2月もお終い、、、と、いうことは、おーちゃん(私の父)のお誕生日です!
3日前の、ばぁばの誕生日は、お仕事もありお祝いメッセージだけですんでしまったので
今日は、お祝いに行くことに。朝、空いた時間にシフォンケーキを焼いて出掛けました。

110228-1.jpg

ちょっと型から出すのを失敗してしまいましたが、それはデコレーションでごまかすとして
よく膨らんでくれたので、まずはOK!!
凜の和太鼓の練習で里に下りるついでに寄る、という計画なので、夕飯の支度やらモロモロ
忙しくて、あまり時間がありません。生クリームを塗って削ったホワイトチョコを飾って、、、
なんとか間に合わせました。チョコで“おめでとう” プレートを作るつもりが時間切れ。

110228-2.jpg

いつもは大袈裟にプレゼントなどしないのですが、70回目で節目のお誕生日なので、
少しがんばってプレゼントを考えました。
サプライズの訪問にもプレゼントにも、最高の笑顔でよろこんでくれたおーちゃん&ばぁばと
一緒にケーキを食べた帰り道、お~な~と二人して幸せな気分になりました。

元気で人生を楽しんでいる二人に、今年も「おめでとう&ありがとう」 です。



スポンサーサイト

お雛さま

節分が過ぎてから、毎日毎日、「あ~今日もできなかった、、、」 だったのですが、、、
お雛様をやっと出しました。今年は遅くなったので、1週間だけの登場になってしまいました。
桃の花がなかったので、こでまり、ピンクのスプレーバラ、ラベンダーのアルストロメリアで。
凜と一緒に出すつもりだったのですが、時間がとれず残念でした。

110225-1.jpg

玄関も、こまごまとお雛様仕様に模様替えです。

110225-2.jpg

正面は、こでまり・ガーベラ・アルストロメリア・マユダマの枝のアレンジとHさん作の『花うさぎ』
東北や金沢からやってきた小さなお雛様に、Rおば様作の貝のお雛様と羽子板。
Hさん作の座り雛に、私の祖母・小春おばあちゃん作の貼り絵も立てかけて、、、

110225-3.jpg

夕方、学校から帰ってきた凜が、「ただいま~あっ!お雛様!!カワイイねぇ」
忙しくて、「もう今年はいいかぁ、、、」なんてチラッと思ってしまったりしていましたが
よかった、1週間だけでも出して。片付けは遅れないように、一緒にしようと思います。



二分の1成人

先日、凜の4年生最後の参観日があり、『二分の1成人式』 に出席してきました。
10歳だから、二十歳の半分で 『二分の1成人』 というワケ。
子どもたちで企画をしたらしく、自分たちで歌詞を考えた歌の合唱、班ごとで科目を担当しての
学習発表(親たちへの出題もあり、アセりました!)将来の夢の発表、両親への手紙、、、
親には、10年を振り返っての子どもへの手紙という宿題があり、それぞれ持参して渡しました。
半分子どもで半分大人のようなカワイイ4年生たち。終了後の懇談会では、お母さんたちが
「手紙をあんなに楽しみにして喜ぶなんて思わなかった」「振り返りのいい機会になった」
「これからの10年、もっともっと子どもと向き合う時間を作ろうと思った」などなど、、、
とてもいい時間を過ごせた感想がたくさん。もちろん、私も!先生に感謝です。

さて、そんな二分の一成人の凜。日々、注意されることが多いことは何ら変わりないのですが、
昨日、夕方に買出しに行って、思いがけず時間がかかってしまい帰宅が7時近くに。
「あ~夕飯ダッシュで作らなくっちゃ」と思っていたら、準備をしてくれていました。
ご飯を炊いて(我が家は鍋炊きなので難しいのですが)お味噌汁を作って、、、
冷蔵庫がカラッポになってしまっていたのですが、乾物入れから麩とフノリを探して具に。
ジャガイモをおろして粉を混ぜて焼いたジャガイモモチ(これは凜の得意料理で定番)、
ジャガイモをスライスしてマヨネーズとチーズでグラタン風に、残り野菜と乾燥ワカメで
納豆サラダ(これは給食の人気メニューでレシピを教わったらしい)
ないなかで工夫している(貧乏クサイ)食卓に、ちょっと泣き笑いな感じの母でした。
「お刺身買ってきた」と言うと 「あーよかった、お肉も魚もなくって困ってたんだよ」って。

110224-1.jpg

こんな成長を見せつつ、ぬいぐるみのさーちゃん用に紙でおもちゃを作っている幼いところも?!

「これから、いろんな経験をして本当に悩んだりすることも覚えます。反抗期で手がかからなく
なってきているこれからこそ、親が寄り添って関わってあげてほしい。将来がどう拓けるか、
大きく変わってくる要因が、今の時期そばにいる大人とこれからの経験です。」
先生がおっしゃった言葉をあらためて思い出しました。

二分の1成人、おめでとう!!
と、言うことは、私もやっと母半人前ってことですな。一緒に成長です。



うれしい朝

「ドサッ」と、もの凄い音を何度も聞いた昨日、、、屋根の雪が落ちる音です。
これは、気温が上がってきた証拠。「せっかくいい雪がたっぷりなのになぁ」と心配しながら
夕方、買出しにでると里は雨。「山は雪でありますように」と、祈る気持ちであがってきました。
いつも雨と雪の境目になる“小茂ヶ谷(こもがや)” から、なんとか雪に、、、でも夜中には雨。
そんなこんなで一喜一憂して過ごしましたが、今朝は雪景色でした!よかった!!

110218-1.jpg

連休中・連休後と降った雪で、デッキもその上の椅子もすっかり埋もれています。
地面がいつもの1m以上上にあるので、窓からの景色が、少しちがった感じ。

110218-2.jpg

基本的に、ここの雪は握っても固まらないサラサラ粉雪で、枝に雪がつくのは春になってから。
スキーには、粉雪がいいのですが、私はこの景色が大好きで、ちょっと嬉しかったりします。

110218-3.jpg

ダイニングの窓際、ストーブ前に座って、座り仕事。
ボーっと窓の外を眺めてしまって、なかなかはかどりません、、、
いかんいかん、今日のお客さまの準備をしなければ。続きはお茶休憩のおたのしみ!


贈り物のワケ

伊勢から、荷物が届きました。新鮮な大きな殻付き牡蠣と牡蠣の身1キロ!!!
贈ってくださったのは、先代の頃のお客さまKさん。
今は、いろいろなご事情でお越しになられないので、私はお目にかかったことがありません。
どうして、今でもこんなにして下さるのか?と不思議に思いたずねたところ、
10年以上前にこちらでご主人が倒れてしまって病院へ運ばれたことがあったそうです。
その時に、お~な~がずっと奥さまやお子さんの傍にいて病院への送迎などお世話したらしく
一命をとりとめてお元気でいらっしゃる今でも、恩人のように思い出してくださるのだそう。

110216-1.jpg

「当然のことしかしていない」 とお~な~は言っていましたが、当時若かったお~な~も
ちょうど父である先代が闘病中で「常に覚悟していてください」と言われている状況だったので
その時のKさんご家族のお気持ちを察して傍にいたらしい。
「それが本当に心強くうれしかった」と、命の恩人のように思ってくださっているそうです。

110216-2.jpg

海のものが大好きな我が家、贅沢な牡蠣をありがたい気持ちでいただきました!
「もう10年以上もたつので、こんな風になさらないでくださいね」 とお~な~は電話で
お礼を言っていましたが、『お客さまの立場にたってお気持ちを考えてお迎えすること』 を
改めて心に刻む牡蠣の味でした。

生でキュッとレモンを絞って、、、さっと炙ってお酒やポン酢、椛おろしを落として、、、
なんともおいしい幸せな味、本当にありがとうございました。

牡蠣のエピソードで、ちょっと株をあげたお~な~。
昔とったナントカで牡蠣の殻をちゃっちゃと開けて見せて、「すごいね、おとーさん?!」
今日は、株あがりっぱなしです。たまには、こんな日もないとね!





ついでのバレンタイン

「ナニ?友チョコって?へんなの~」 と私に言われながら、凜がチョコ作りを始めました。
なんでも最近では、女の子同士で交換するそうで、オバチャンには理解できませんが、、、
彼女には彼女の世界があるので、「学校に持っていかない」ことを条件にお勝手使用許可です。
お年玉から『バレンタイン友チョコ予算』 をとってあったそうで、ふぅ~~~ん。
お仕事で忙しい私に代わって、助っ人で来てくれていた純ちゃんがサポートしてくれました。
口うるさいかーさんより、よかったみたいです、感覚も若いし、、、ありがとね、純ちゃん。

明日の朝に備えてラッピングも終わった13日の夜、「はい、一日早いけど」とお~な~へ。
「どう見ても、ついでって言うか、余りって言うか、、、」と思ったことは、嬉しそうに食べる
お~な~には、言わないでおきました。

110214-1.jpg

で、凜の和太鼓の練習で10時前に帰ってきた14日当日の夜、「何もなしもなー」と思いたって
休憩のお茶を淹れるついでに、作り置きのスポンジと買い置きのお菓子で気持ち用意しました。
日付が変わる10分前、ギリギリでした。

110214-2.jpg

母娘揃って “ついで” な感じでゴメンね。
いや、バレンタインデーじゃなくても、常日頃から気持ちがあるんだよ~(っつーことで)

母としては、凜は来年も『友チョコ』なのか?が、楽しみです。



おねえちゃんだもん!

少し忙しい週末、たけちゃん&みよしちゃんが助っ人に来てくれました。
もちろん、1歳半の翔ちゃんも一緒です。
凜は、朝から大忙し。プライベートルームで一緒に過ごせるように危ないものを片付けて、、、
掃除機をかけて、拭き掃除をして、お昼寝の時にはお布団もすぐに敷けるように、、、って。

110206-1.jpg

トコトコと歩いて、よく笑う翔ちゃん、豆とイチゴが大好きで本当においしそうに食べる翔ちゃん、
初ソリ、お絵かき、積み木、、、なにを見てもかわいくて目が離せないようです。

たけしおにーちゃんとみよしおねーちゃんの結婚式にも出席させてもらって、
お腹にいた時も知っていて、産まれた時は嬉しくって病院にも行ったので弟のように思うらしい。

110206-2.jpg

反抗期で、憎たらしい表情や言い方が目に耳につくようになっていた最近の凜、、、
小言やぶつかることも増えて、「だいじょうぶかな?やさしい娘になっていけてる?」なんて
思うこともありますが、気長にゆっくり翔ちゃんの世話を焼いたり遊んだりしている姿を見て
「大丈夫かも」とちょっと思った、私にとってもうれしい一日でした。

翔ちゃん、おねえちゃんの凜を見せてくれて、ありがとね!!




節分ゴハン

日本の伝統的な季節行事は、できるだけやっていきたいと思っていますが、、、
節分は、なんせシーズン真っ只中なので、ちょっと面倒くさい。
でも、まぁ一応、豆とイワシと恵方巻(ある物で済ませたもどき)を準備しました。

110203-1.jpg

学校でイロイロと教わってきたらしく「豆は年の数っていうけど、年+いっこなんでしょ?」とか
「豆を撒くのは、“魔目”ってことで鬼の目にってことなんだってねー」とか
「恵方巻は、もともと関西だけでやってたって?!」とか「要は節分って、立春なんだよ」とか
高学年になった凜さん、節分豆知識満載でした。よかった~、一応カタチやっておいて。
少し前は豆を何個食べられる?や、撒いた豆を拾って食べていい?で頭がいっぱいだったのに。

今年の恵方は『南南東』もとは、ビジネスのために海苔屋さんやお鮨屋さんが始めたこと、、、と
聞いてはいますが、なんとなくやっておいた方がいい気がして、毎年黙って丸かぶりしています。
「今年も1年、家内安全・無病息災」と言うと「商売繁盛もね」とわかったようなことを言う10歳?!
そのわりに「いいなぁ~おとうさんとかあさんは豆40個以上食べられて」とまだ言ってました、、、

シーズン折り返しで、まさに節目。
「家内安全・無病息災・商売繁盛」でがんばりたいと思います!!



ムリしてでもあそぶ!

このところ、なんか突発的に用事ができたり予定がくるったりで、ゲレンデにも行けず、、、
「あーお天気いいのになぁ、、、キモチいいだろうなぁ」と思うことが多い毎日。

朝から忙しく過ごした一日、夕方に買い出しをしていたら、お~な~から電話です。
「ナイター行こ。ご飯も風呂も炊いた」その時点で5時でしたがエーイって気分で急いで帰り
荷物整理もそこそこに7時から9時まで、ナイターです!!

110201-1.jpg

空いていて暖かくて、お~な~の計画大当たりでした。

110201-2.jpg

帰ってからの夕飯がおいしくて、お風呂のあとはコテンと熟睡。
「ムリしてでもあそぶ」が信条のお~な~、今日はキミをちょっと尊敬したよ!







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。