花ちゃんのお勝手日記
かーちゃんこと先代女将から譲り受けたペンションぽいんせちあの“お勝手” での日々を勝手気ままに綴っています。

プロフィール

花

Author:花
信州の山の中でペンションを営む
二代目女将です。
夫(お~な~)と12歳の娘(凜)と、
のんびり山暮らしを楽しんでいます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


最強へのかっぱ伝説

かえるの日記



RSSフィード



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


41TH

お~な~のお誕生日、“ニクの日”です。6月も残すところあと1日になってしまいました。
ほとんど更新することができなかった今月は、元気で忙しくしていたということなのですが、
丁寧に暮らせていなかったということのようにも思います。反省、、、

さて、お~な~のお誕生日の本日もなにかとバタバタしていたのですが、お祝いくらいは、、、
と、大急ぎ。30分でケーキを焼いて食事中にパパッとデコレーションという感じでした。
なんとも雑でお恥ずかしいデキなのですが、『量重視』 のお~な~のために30cm角の天板で。
生地は、山本麗子さんのビスキュイのレシピです。これがしっとりして軽くて美味しい!!

110629-1.jpg

おーちゃん&ばぁばからは、花鉢と手紙が届きました。時間を作って食事に行こう!とお誘いも。
凜は手紙を渡していました。なんでも、赤いフィルターを通さないと読めない部分があるとか、、、
“しかけお手紙” のようです。ドロボーさんのような似顔絵がよく似ていて笑えました。

110629-2.jpg

私からのプレゼントはケーキと、洋食屋さんのようなゴハンが好きなお~な~のために
ドリア&パスタという我が家には珍しいメニューで。

ささやかな、そしてバタバタのバースディでしたが、おめでとうの気持ちは伝わったかな?
30cm四方のこのケーキ、私と凜に四分の一分けて残りは全部一気食いしていました?!

少々アホでもビンボーでも、元気に一緒に年を重ねて行けたらいいなぁと思います。



スポンサーサイト

父の日お菓子

そんなにお菓子のレパートリーがあるわけではないので、父の日のお菓子もネタが、、、
今年は、おーちゃんの好きなナッツ類とレーズンをたっぷり使った焼き菓子を考えました。

110619-1.jpg

コアントローに漬け込んだミックスレーズンとローストした胡桃とカシューナッツを生地に混ぜ、
カラメルで飴がけした胡桃とカシューナッツをたっぷり乗せて焼いたバターケーキです。

私の理解者である父は、近頃、凜にとってもそのようで(私と凜が似てるので当然と言えば当然)
凜に解るように教えたり諭すのが上手。先日も、うっかり忘れた漢字のノートを取りに行くと
きっちり添削とアドバイスが書いてありました。おーちゃんのメッセージは簡潔でいいみたい。
今年も、そんな父に感謝のお菓子です。

110619-2.jpg

良いお天気だった今日は、家族で外仕事の一日で、お~な~は、草刈り。私は草抜きと土作り、
凜は学校で「インゲンの苗をもらったから私の菜園を作る」となにやら、耕したり植えたり、、、
届けに行きそびれてしまったので、明日の朝一番で、お~な~がお届けです。

お~な~にも、小さいホールで焼いたのを 「おとーさんガンバレ」とお夜食に。

110619-3.jpg

凜から、お父さんへのプレゼントは、お得意のプリンでした。今年はホイップのトッピングも!
もう何度か作っているので、慣れた感じで作っていましたが、、、ちょっとしたアクシデントが。
お昼に食べたのは、おいしかったのですが、その後、うっかり冷凍庫に入れてしまったらしい。
夜に食べた(こっちが本番)のは、なんていうか、、、甘い高野豆腐みたいな?
今までは、自分の失敗がいたたまれなくて泣いたり落ち込んだりだった気がするのですが、
「あはは~じゃあ、お昼のが本番で、今のは甘い高野豆腐ってことで!」なんて言っているのが
成長したと言うか、ふてぶてしくなったというのか?!

なにはともあれ、がんばっている良き父のおーちゃん・お~な~、ありがとうデス。



ありがとフレンチトースト

昨夜、疲れ気味だったのか、、、お~な~も凜も9時頃に布団に入ってしまいました。
「私も、早めに寝よう」 とお風呂に入ったら、なんだかお風呂がピカピカ、、、?!
蛇口も鏡も、床もよく磨かれた感じです。今日は、凜がお風呂掃除をしてくれたのでした。

このところ、手抜きや適当が目につく凜の行動。「お風呂掃除したよ」 と言ってくれたのに
「ちゃんと最後までした?かーさん、やり直さなきゃいけなくない?」なんて言ってしまったのを
思い出しました。あんな言い方しなくてもよかったのにな~と反省。

で、罪滅ぼしをしようと、入浴後また、お勝手へ。

110617-1.jpg

「食パン買って来て」 とお~な~に頼んだら 「ずいぶん上がってきちゃってコンビニしかないよ」
と、買って来てくれた安モンの食パン。「このパン、ほんとにおいしくないよね」と言っていたので
「そうだ、二人の好きなフレンチトースト!」 です。
卵と牛乳、砂糖と少量の塩にシナモンパウダーでマリネ液を作って、パンを漬け込むだけ。
残っていたリンゴでカラメル煮も作っておきました。

110617-2.jpg

弱火でじっくり焼いて、最後にバターで香りづけをしたフレンチトーストに、カラメル煮のリンゴ。
粉砂糖とシナモンを振りかけて、ちょっとリッチな気分の朝食です。

凜に、「これは、お礼。昨日お風呂に入ったらピカピカで、うれしくなったから」 と言うと
まさに、“ほころんだ”と言う感じの小さいときのようなクチャクチャの笑顔になりました。




今年も、醤油漬

毎日せっせと採っているワラビ、今年も醤油漬と干しワラビにして保存しています。
姫木のワラビは緑色が濃くて太くて、灰汁抜きをすると、こんな風に本当にきれいな色!

110616-1.jpg

穂先の部分はカットして、2~3㎝長さに揃えたら、さっと熱湯をくぐらせます。
煮沸消毒したビンを焼酎で拭いて、ぎゅうぎゅうにワラビを詰めて、、、
同量の醤油+味醂を火にかけて、濃縮タイプの市販のめんつゆを少し足して漬け汁作り。

110616-2.jpg

冷ました漬け汁をひたひたに注いで完成です。何本かはヨメイリ先が決まっています!

110616-3.jpg

冷奴に漬け汁ごとのっけたり、白和えの具にしたり、煮物に足したり、、、
もちろんそのままつまんでもOKなので、お弁当のご飯の上にのっけたり、、、
最近のお気に入りは、かーちゃんお手製のワサビ漬(ワサビも地物で野生!)と和えて。
ご飯がすすんでしまうのが、難点です。




本屋の日

久しぶりに、ノンビリの日曜日。凜が朝から洗濯やら掃除やら、いそいそお手伝い、、、
「なに?」 と思ったら「お父さん、文房具屋さんと本屋さんに連れてって」 と。
ひとりで出掛けられる範囲にお店がないので、文房具屋も本屋も一大イベント!!!

いただいた図書券を何枚かためていたので、『動物図鑑』 を買うのが目的だそうで、、、
あれこれ物色して、写真がきれいで編集の面白い物が見つかりました。

そして、私も久しぶりの本屋さんで、少し買い物。
今朝、辞書で言葉を調べていた凜に「せっかく調べたら漢字で書けば?」 と言ったところ
「ひらがなで書いてあるよ」 そうか!1年生の時に買った辞書のまんまだったから、、、
中学生になっても使えそうな漢和辞典を買っておきました。
お弁当の本は姉と姪っ子たちに。「久しぶりのお弁当生活、朝、忙しいよ~」 と言っていたので。
お~な~が 「アリエッティのDVD観よう」 と言っていたので、その前に原作『床下の小人たち』を。
これは私が凜くらいの頃に、大好きで何度も何度も読んだ本なので、自分も読み返したくて。
シリーズ5冊がセットになっているものもありましたが、予算の関係上1冊ずつです。
こういう翻訳モノの児童文庫は、挿絵が原書のままなので岩波文庫のものがお気に入りです。

110612-1.jpg

もう一冊の絵本は、先日美術館に行った時に買ったもの。
「記念に1冊だけ本を買おう」 ということになり、凜が 「コレ!おーちゃんそっくり!!」
と、選んだものです。

110612-2.jpg

たしかに、小鳥がたくさん遊びに来る山の家でバードカービングをしながら暮らしている父に
なんだか雰囲気が似ています。本を選ぶ理由もいろいろあるものです。

110612-3.jpg

今夜は、姉に贈る前に『私たちのお弁当』の本をよく読んで、イイトコロは写しておくつもり、、、
減るもんじゃないから、いいよね~と、いうことで!!



ヤマフジ

「元気にしてる?あんまりブログ更新してないから」 と友人から連絡が、、、
毎日、先送りにしている内に6月も3分の一が過ぎてしまっていました!!!

なにをしていたかというと、山菜の保存食作りや初夏の山を楽しんだり、と
いったところでしょうか。もちろん元気にしています。

今年、特に見事なのが 『ヤマフジ』 公園やお庭の 『フジ』 とは違って少し短い花房です。
同じフジ属マメ科の落葉木なのですが、『ヤマフジ』 はツルの巻き方が逆だそう、、、

110611-1.jpg

新緑の山の中、アチコチに見える薄紫色は、整えられた藤棚とは、また違った美しさです。

110611-2.jpg

里から家への道すがら、こんな風にあっちにもこっちにも藤のお花見を楽しめます。

11061103.jpg

近くまで行ってみると、とても甘いいい香りがしました。

110611-4.jpg

山の初夏は、こんな風に眺めたりしていて時間が過ぎてしまうことがたくさん、、、
心配かけてゴメンナサイ~です!!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。