花ちゃんのお勝手日記
かーちゃんこと先代女将から譲り受けたペンションぽいんせちあの“お勝手” での日々を勝手気ままに綴っています。

プロフィール

花

Author:花
信州の山の中でペンションを営む
二代目女将です。
夫(お~な~)と12歳の娘(凜)と、
のんびり山暮らしを楽しんでいます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブロとも一覧


最強へのかっぱ伝説

かえるの日記



RSSフィード



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Trick or Treat!!!

いつの間にか、季節行事として定着したハロウィン、
ランタンを作る時間もなく、かぼちゃも手に入らなかったので、ちょっとだけ玄関飾り。

111031-1.jpg

凜はというと、ずいぶん前から近所のお友達と計画をたてていたらしい。
ご近所に「廻らしてください」というお願いも、こどもたちが(勝手に)行っていました。
ちょっと早めの金曜の夜に、『ハロウィンパーティ』ということで、、、
企画書なんぞ作って、計画を練っておりました。
イベント好きの母は、口を出したい(私も計画したい~)というのを、ぐっとこらえて、
当日、みんなで食べる夕食とか依頼されたお手伝いです。

111031-2.jpg

仮装の衣装を作って、飾り付けをして、、、自分たちで楽しめるように成長したようです。
「凜ちゃん、衣装手作り?」と聞かれて「はいっ。お父さんのシャツ、ビリビリにして作りました」
に、お~な~「えっ?!」と呑んでいたビールを噴きそうになっていました。
油断も隙もないところは、成長しても変わらない凜さんです。

翌朝には、みんなで「Torick or Treat!」と廻ってお菓子をいただいたご近所さんに
お礼状を書いて、届けに廻っていました。そういう大事なこと、わかっていて良かった。
(お礼に行ったのに、また、お菓子をいただくなんて、おまけもついていたようですが!)
子どもたちの計画に快く協力してくださった素敵なご近所さんたちに、感謝です。

来年は、母も気合入れて仮装でもしよーかなぁ、、、

スポンサーサイト

また、ひとつ、、、

今年は、このブログを通してのご縁がたくさんあって、、、
とてもドキドキワクワクすることが続いています!!

昨日、また素敵なご夫婦がペンションを訪ねてくださいました。
初対面なのに、どこか懐かしく「あ!やっぱり」と想像通りの温かいお人柄に楽しい時間を過ごし、
写真を撮ることもすっかり忘れて、おしゃべりに夢中になってしまいました。

111029-1.jpg

結婚記念日に、思い出の長野旅行!とお忙しい中、来てくださったお二人、、、
「こんな風に年を重ねていきたいね」と目標にするような素敵なご夫婦に出会えたことに感謝です。
楽しくお話しさせていただく中で、感じたことがたくさんありました。
お互いを尊敬し大切にしていらっしゃることが、空気のように自然に伝わってくること、、、
私たちのことを想像して、楽しんでお土産を選んでくださったこと、、、
(海のない土地で暮らす海の大好きな我が家に、新鮮なお魚やアレコレを選んでくださいました)
こういう心遣い、真似したいな!と。
また、ひとつ、このブログを通して出逢った素敵なご縁、大切にしたいと思います。

また、お会いできる日を楽しみに、、、kukonatsuさん素敵な時間をありがとうございました。





刻々と、、、

朝6時50分、通学バスに乗る凜を送りがてら散歩がてらバス停へ、、、
玄関を出ると 「あ?!急に色づいてきた?」 まだモヤがかった空気です。

111025-1.jpg

バス停から戻ってくる時に、家の後ろから朝陽が昇ってくるのを見られるのが秋冬のお楽しみ!
「こうやって見ると、今年の黄葉はイマイチかなぁ」 などとブツブツ言いながら、、、

111025-2.jpg

ごみ捨てステーションへ、ごみ捨てついでに少し散歩、、、
日が高くなってくる7時半頃、「ダメかと思った落葉松、けっこうキレイかも」

111025-3.jpg

家に入って、あったかいお茶を飲んで休憩の7時45分。
窓の外も陽があたってきれいに見えてきます。山の上のほうは霜で白くなっています。
どおりで、空気が澄んで冷えるはず。
8時から、活動再開、、、今日は、洗濯日和かな!!

111025-4.jpg

変わりやすい空の代名詞になっている『秋の空』 『山の空』
『山の秋の空』 なので、本当に刻々と変化して素敵なカオを見せてくれます。
特におひさまが昇ってくる朝は、瞬間といってもいいくらいの変わりよう。

朝の見送り兼お散歩が楽しい秋です。



スタジオジブリレイアウト展@松本市美術館

なんとなく美術館巡りがテーマになってきた凜の仲良しCちゃん母娘とのお出掛け、
今回は、お互いに目をつけていた 松本での『スタジオジブリレイアウト展』 で意気投合!
2週続けての松本行きです。

草間弥生さんのカラフルなオブジェがシンボルの美術館です。
レストランやワークショップスペースもある中庭も気持ちのいい空間、、、

20111022-1.jpg

『スタジオジブリレイアウト展』 予想以上に見ごたえがあって面白く、、、
子どもたちも集中して見入っていました。ゆっくり展示を見て、ショップを見て、散策して
お昼を食べるのも忘れて、3時間の滞在?!

20111022-2.jpg

ショップでは、ポストカードなどなど物色して、子どもたちもジブリの文房具を記念に購入。
今回は、草間弥生さんの展示を見ることができなかったので、カードを買ってきました。
また、違う企画のときにも訪れたいと思う居心地の良い美術館です。

「博物館なんかも行ってみたいねー」 と子どもたち。図書館で日帰りで行けそうな博物館を
探すそう?!どんなところを探してくるか、楽しみです。


『松本市美術館』↓
http://www.city.matsumoto.nagano.jp/artmuse/p7/p7-index.html





クラフトピクニック2011@松本あがたの森

楽しみにしていた『クラフトピクニック』に、今年も行ってきました。
前日の雨が心配でしたが、日曜日は快晴!気持ちの良い秋晴れの公園です。

111016-1.jpg

昨年見てファンになった作家さんのもの、今年初めての作家さんのもの、、、
木・布・糸・鉄・皮、、、ありとあらゆる手仕事が並びます。

111016-2.jpg

そして、今年も一番の目的は、『てつ工房えもと』さんのおっちゃん&おそのさんに会うこと!
大好きなお二人に会えて、とってもうれしくなりました!!今年も素敵なブース!!
実演中のおっちゃん、カッコイイ~!!!凜は、また鍛冶屋さん体験をさせてもらいました。
お忙しいのに、おそのさんを捕まえて、お喋りしてしまい、、、スミマセン&アリガトウです。
夏に会って、すっかりお二人のファンになったタケちゃん&みよしちゃんも来場です。
二人は、お願いしてあったポストと表札オブジェの納品もあるので、ウキウキ。
本当に、素敵なオリジナルのポストと表札です。

111016-3.jpg

会場は、NHKドラマのロケで人気スポットになった『あがたの森』
せっかくだからと学校内も見学してきました。復元された教室ひとつと校長室が開放されています。
他の教室では、吹奏楽・人形劇・合唱、、、といろいろなサークルが活動中。
こんな素敵な空間で文化活動ができるなんて、倍たのしそうです。

111016-4.jpg

2年目で要領を得た凜も、お小遣いを持ってきて、あれこれお買い物やワークショップ体験。
学校内の素敵な図書館で読書タイム、中庭でおやつタイムと贅沢な時間を過ごしました。
敷居が高くない雰囲気は子どもたちも気軽にクラフトに触れることができて、そこが魅力です。
小さなショウちゃんも、木のおもちゃや手作り風車でしっかり遊んでいました!!

111016-5.jpg

さて、私が手に入れたモノたち、、、栗の木のヘラと茶さじ。麻紐&天然水晶のネックレス。
ラッキーなことに図書館リサイクル市で無料の本。読もうと思っていた小説の続編をゲット!!
そしてそして、えもとさん作の素敵な一輪挿し!すっかり我が家の玄関に馴染んでいます。

111016-6.jpg

昨年に増して、楽しかったクラフトピクニック。もう今から来年が楽しみです。
素敵な秋の一日になりました。



練習の成果

凜が昨年から所属している学校の管楽器クラブ、演奏会があるということで聴きに行きました。
毎朝、練習をしているのは聞いていましたが、実際の演奏を聴く機会はそんなになく、、、
演奏会に向けて放課後練習が始まったのを「ふぅん、なんだか大変ね」くらいに思っていました。
大きなホールにたくさんの学校が集まっての演奏会は初めて、ちょっと背筋が伸びる感じです。
音楽会や運動会で聴いた時と、アレンジも変わっていて、ずいぶん上手くなっていて驚きました。

111015-1.jpg

以前は、凜には少し大きく見えるトロンボーンを抱えて、だんだん身体が傾いてきていましたが
まっすぐ指揮を見つめて吹いていて、「こんなに練習の成果や成長が実感できる経験をさせて
もらえるのは、しあわせなことだなぁ」と感じた演奏会でした。
「もぉーすっごい緊張したよ」と帰ってきた凜、その緊張感を味わうのも大切な経験!!
他校の演奏に関しても「ここのフォーメーションがカッコよかった」とか「この曲やってみたい」
などと一人前の感想を語っていたりして?!

通学に時間がかかるので練習のある日は帰宅が6時半とハードな時期でしたが、がんばった!
よかったねー、ということで、好物のゼリービーンズを買って帰りました。






おやつを採りに、、、

朝、窓から見る景色が、ずいぶん秋らしくなってきました。
この時期は、毎朝色づき具合が変わるので、だんだん増えていく黄色~橙色~赤を
確認するのが楽しい朝です!今朝は、山桜の赤が色濃くなっていました。

111014-1.jpg

そんな秋は、実りの季節でもあるので、我が家の野生児はイキイキと表へ出掛けて行きます。
これは、彼女が収穫してきたある日のおやつ『ツノハシバミ』と『サルナシ』『あけび』
凜のバイブル『木の実はともだち』という絵本図鑑を片手に「炒って食べるとよりおいしいって」
などといいながら、ご満悦!『ツノハシバミ』は知らなかった、、、どうやって見つけたのか?
と不思議です。(洗濯をしようと思ったら服が破れていました。山奥深く分け入ってるのね)

111014-2.jpg

母も、収穫の秋。
農園でりんごの収穫をしてきました!今年の仕入れは、40キロ!!!
はりきってアレコレ仕込むつもりです。

111014-3.jpg

昨夜は、おーちゃんと山栗拾いの約束をしていた凜。
モンブランができるくらい拾ってこれるといいね~繕い物が増えるのは少々ガマンです。




初仕込み~紅玉ジャム

今年も、ピンクのジャム=紅玉のジャムの仕込みです。
蜜が入るには、もうひと息かな?という感じなので、とりあえず少し試作。
割ってみると、やっぱりまだ蜜はまわっていないので、少し多めのお砂糖30%です。
紅玉ジャムは、いつも皮が黒っぽく艶光りした完熟の時期を待って仕込みます。
皮の色も浅かったので、「色が出るかな?」と少し心配でしたが、、、
なかなかキレイなピンク色に仕上がりました。

111012-1.jpg

こちらは、朝食用にさっとバターとお砂糖で煮絡めたもの。
これをカリっと焼いたトーストにのっけて食べるのが、我が家のお気に入りです。

111012-2.jpg

もう数日で、ベストの熟し具合になる紅玉りんご。
ジャム、赤ワイン煮、焼りんご、アップルパイ、、、忙しくなりそうです。
今年はジェリーにも挑戦しようなか?と考え中!お砂糖など材料の買出しもしておかなければ。





紅玉りんご

いよいよ、大好きな紅玉りんごの時期がスタートです!!
まずは、丸ごと焼きりんごにするための小さいものを仕入れ。
ちょっと拭くだけで磨いたような艶!もちろん、ワックスなんてかかっていません。
見ているだけで幸せなので、出番がくるまでカウンターの上でお披露目です。

111008-1.jpg

真っ赤なりんごが、たわわに実ったりんごの畑、大好きな風景です。

111008-2.jpg

家の中も、秋らしく。
ほおずき、野いばら、花茄子、吾亦紅、、、小さな小さなりんごは玄関でお客さまをお出迎え。

111008-3.jpg

ピンク色のりんごジャムも、そろそろです。



古いの好き

実家で、「ちょっと見てごらん」と、母が出してきたモノ、、、
4種類の古い反物です、大正の終わり~昭和の始め頃のものでしょうか。
姉の嫁ぎ先のおばあさまが、姉に譲ってくださったものだそうですが、
先月まで放送していた『おひさま』の中で、出てきたような柄。
「使いこなせないともったいない」と姉がいったん母に預けたそう。

どれも本当に素敵で、襦袢や裏に使うものにも凝った昔の人は「粋だなぁ」と思います。
その中で、私の好きな赤色がパッと目をひくモノにひと目惚れ!
姉にも承諾を得て、少し分けてもらってきました。

111005-1.jpg

使ったのは、玄関の靴箱の敷物。
和なのに、ちょっと北欧風?な感じもして敷いてみると思った以上にイイ感じ。

111005-2.jpg

私の古道具趣味、アンティーク(骨董)という美術的要素の高い感じではなく、
ブロカント(古道具)の生活感がある感じが好きなのですが、、、お~な~には、少々?らしい。
かーちゃんがどこかから出してきたモノに、「これ頂戴!」と言っていると「えっ?!」
なんてことも多々あります。でも、やっぱり増えていきそう。

4種類あった反物はどれも素敵で「こんな着物をさらりと着たらカッコイイ」と思います。
でも、残念ながら着物を着るような生活ではないし、第一着付けもちゃんとできないし、、、
着物じゃなければ着られる?!とその中のひとつで、母にスカートを縫ってと頼んでいます。
穿いたところを見たら、きっと不思議そうにするんだろうなぁ。






葡萄三昧

今年は、秋の果物が大当たり!お付き合いさせてもらっている近所の農園の葡萄やりんご、
身贔屓のようですが、本当にオイシイのです。

今は、葡萄が旬。文字通り“手塩にかけて”丁寧に育てられた葡萄たち!!
たねなしピオーネは、ツヤツヤ大粒でずっしり!甘味と酸味のバランスが絶妙です。
高校生の姪っ子に「誕生プレゼントなにがいい?」と聞くと 「昨年もらったおいしいブドウ」
と答えるほど!まぁー一回食べてみて~と言いたくなる葡萄なのです。

111002-1.jpg

ピオーネ、サニールージュ、シャインマスカット、、、ワインやジュースに加工するコンコード
と、産地ならではの豊富な種類がたのしい葡萄の時期。
夏~秋のブドウ畑は、ちょっとフランスのような雰囲気で素敵な風景です。

今日は、ちょうど手に入った三種類の葡萄でゼリーを作りました。
ワイン加工用のナイヤガラを砂糖にまぶして煮くずし、漉して、ギリギリ固まる量のゼラチンで
濃厚トロトロのゼリーに。中には、さっと煮てコンポートにしたピオーネを沈めて、、、
ピオーネ・サニールージュ、山で熟していたサルナシの実を飾りにのせました。

今だけできる贅沢です!これから加工用の葡萄を仕入れてジャムやコンポート作り、、、
そのあとすぐに、りんごも収穫期を迎えます。
実り秋、保存食作りに忙しい楽しい季節がやってきました。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。